So-net無料ブログ作成
検索選択

107.感受性 [ディスカス]

同じ水槽で泳いでいて同じエサを食べているのに病気にかかりやすい個体と病気とは全く無縁の個体がいるのはどうしてだろう!? 不思議だ。 
「感受性」この一言ですべて解決するのだけど、どうも納得いかない。

我が家には細菌、ウイルス、ダクチロギルス、それぞれの病気に対して感受性の高い仔が4匹いる。みんな普段は問題なく生活しているのだけどいつも気が抜けない。ペルビアンの「チビたん」はリンホシスチスのキャリア。 テフェの「みらいちゃん」はダクチロギルスの慢性患者。 アッパーテフェの「でかメス」も同じくダクチロギルスに感受性が強い。
そして今年の2月、昨シーズンの〆のつもりで買った「キャンディ」もカラムナリスに対して感受性が強いみたいで、水質が若干悪くなったり、少しストレスを感じると直ぐにカラムナリスになってしまう。 症状はいつも軽症なので生死に関わるようなことはないのだけど、ウチに来て既に3回発病した。 

photo: EOS KissD + EF-S 60mm Macro(JPEG)
ISO-400  F3.5  1/60sec    sRGB

この仔の場合、調子が悪くなってくると徐々に体色が黒くなり、エサ食いも徐々に悪くなる。 ただ目だった症状がなく、全く食べないと言うわけでもないし、弱って動きが悪くなるわけでもない。 もともと気が強いので、体調が悪くても他の魚を追い回し、いつもとあまり変わりない。 「機嫌が悪いの?」程度のサインしかおくってくれない。 こんな感じなのでいつも1~2週間発見(処置)が遅れて、結局エルバで薬浴するハメになってしまう。 今回も梅雨の水道水不安定が原因で少しずつ体調が悪くなっていたので10日間薬浴をした。 現在は体調も戻り発色も復活して元気ハツラツなんだけど、この調子でいくと老齢期に入れば度々発症する可能性が高い。

ウチのディスカスたちもそろそろ年老いて来てるので、殺菌灯でも設置しなければ彼らを長生きさせるのは難しいのかな!? でも、殺菌灯使うと飼育に関しての「勘」が鈍って濾材の交換時期や水換えのタイミングが難しいんだよね~・・・。
コメント(8) 

コメント 8

グータン

うちも2匹餌食いが悪いのが居ます(--)””
病気?でもなさそうだし・・・
こないだフラジールで薬浴したので寄生虫でもなさそうだし・・・
退色も全然変わらないし・・・
ん~困っておりますーー’。
以前殺菌灯をつけていましたが上部濾過に変更したので
今は部屋の隅においてあります。
殺菌灯をもう一回つようか・・・でも外部フィルターに戻すのは・・・
難しい選択です。
by グータン (2007-07-02 10:29) 

なりやすい病気が、1匹1匹違うんですね(・0・)
まだまだ、私にはそこまで分かりません。
病気の見極めは、難しいんですよね。
こればっかりは経験しないと覚えられないでしょうし。
という事は、うちの子たちが病気にならないと経験できない。
でも、病気にはなって欲しくないし・・・

とにかく、出来る事からということで、病気にならないように予防ですね!
by (2007-07-02 14:14) 

たかあき

グータンさん

エサ食いが悪いだけであれば、たいてい水質の可能性が高いかな!?

ウチの大型魚水槽でやってるのは外部から上部に上げる方法で外部と
上部の間に殺菌灯を挟めば全機能が効率よくシステムアップしますよ。
殺菌灯を遊ばせておくのはもったいないかも!?

motoさん
それぞれ個体別に特徴ありますからね~
だいたい半年くらい飼えば、その仔の弱点が見えてくるので弱点の
多い仔(発症した場合の重症度)を考えて、一番弱い仔にあわせて
水や環境を変えるようにしているんですが、そうすれば自然にphを
6.5以下(細菌対策)で飼わなければいけなくなるので、グリーン水槽
ではちょっとキツイです。 発色とエサ食いに問題がでるので・・・。

あっちを立てればこっちが立たずです。 (^^ゞ
by たかあき (2007-07-02 15:40) 

akisono-happyhappy

今回の記事も深いですね~。

ウチは、テトラインバーター付けてから白糞が治りました♪
まだ、餌を目の前で食べてないんですけど黒い糞をしています(何故?)
他にも変化した仔がいます。ウチに来てから5ヶ月のヤムンダが色抜けして
ます。餌は食べてますし泳ぎもまあまあです。

確かに殺菌灯で水の色は抜群に綺麗になりエラも落ち着きました。
でも、色抜けしたり怯えは解消されぬままの今一歩の状態です。

昨日、ミーリンさんの家に訪問しましたけど魚は絶好調でした。
汲み置き水槽にしてから病気知らずと言われてたのですが
僕自身、ディスカスが余計分からなくなりました(^^;

ミーリンさんのディスカス達は記事にUPしてます♪
by akisono-happyhappy (2007-07-02 21:00) 

dai8682

確かに病気に掛かりやすい個体、無縁の個体、病気かどうか判別がつかなく
て何か調子がいまいちな個体.....それぞれいますね(^^ゞ
でも不思議なのは混泳水槽の場合、こういったグループが分かれて出来て、
全匹に同じ症状が発生するのは確率的に少ない気がします
必ず犠牲になる個体が出来る...
菌の方も相手を選ぶんでしょうか!? 不思議がいっぱいですね(^^ゞ
by dai8682 (2007-07-02 21:07) 

たかあき

akisono1さん

殺菌灯は浮遊バクテリアや細菌類、寄生虫などに優れた効果を発揮する
けど、亜硝酸、硝酸塩、オルトリン酸など、ディスカスの活力を鈍らす物質
には効果がないので、殺菌灯を導入しても調子がいまひとつの仔がいる
時はほとんどの場合、水質に問題ありってことが多いですね。
イオン化してなければテスターでも反応がでないけど、案外
見落としているのはオルトリン酸かな!?
オルトリン酸の蓄積が減れば、たぶん普通に泳ぎだして発色も戻るんじゃ
ないかな~!?
オルトリン酸の蓄積・・・これはOF水槽の欠点でもあるけど。


daiさん
水槽全部で同じような症状がでれば分かりやすいけど、数匹だけが
何らかの不調を訴えて離脱していくよね~ ほんと不思議。(^^♪

菌が相手を選ぶってのは、あながち間違えではないでしょうね!?
・・・っていうか、逆に言うと免疫の弱い個体だから、犯されやすい。
最近、大阪でまたO157が流行しつつあるってこの前、ニュースで言ってたけど
これと同じでしょうね!?
年寄り、子どもには感染しやすいけど、元気な大人には感染しない。
購入するとき、免疫まではチェックできないから仕方ないけど、免疫の弱い
個体を買ってしまったら、後々苦労しちゃうよね~
まぁ~細菌や寄生虫(特にダクチロ)に感染させないようにストレスを与えない
ようにすれば問題ないんだろうけど、元気な人でも風邪ひくことあるから
例え厳重な管理下であったとしても、免疫の弱い仔を発病させないで
飼うなんてとんでもなく難しいことなんだろうね!?
by たかあき (2007-07-02 21:28) 

akisono-happyhappy

アドバイスありがとうございます♪

早速、OF内を掃除しました(^^;かなりのゴミが蓄積されてて掃除のやりがいがありました。これで、少し良くなってくれると嬉しいんですけど(^^;
by akisono-happyhappy (2007-07-03 00:48) 

たかあき

即実行・・・・素晴らしいですね~(^_-)
濾過層の下に溜まるヘドロ状のゴミには硝酸塩やオルトリン酸が
溜まりに溜まってるから、調子が思わしくない時には、そこを
取り除くと「ウソ!」ってくらい簡単に復調したりしますよ。(^_^)v

溜まらない構造になってればいいのだけど、それがOFの欠点だから
仕方ないだわね~
by たかあき (2007-07-03 01:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。