So-net無料ブログ作成

131.繁殖マニュアル2 [ブリーディング]

《産卵》
ペアの形成が上手く行き産卵直前になると産卵筒や水槽面、ストレーナーなどメスが気に入った場所に腹を擦り付け産卵リハーサルが始まります。 この時、メスの産卵管は徐々に出張りますので産卵が近いことを示します。 通常、出張りだした翌日か翌々日の夕方には産卵が始まることが多いので、産卵管の出張りを感じたら水の汚れない餌に切り替え(または餌止め)、場合によっては水換えをして産卵に備えます。 またそれと同時に水流の気配りも忘れてはいけません。 ディスカスのオスは放精が下手な上、放精する量も極端に少ないので水流が強いと上手く受精できません。 夢精卵のほとんどの原因はオスの経験不足や水流の問題なので、産卵管の様子を見ながら産卵の時を推測し、産卵直前には外部フィルターならコックでしぼったり、上部フィルターなら停止したりしてエアレーションだけ(またはスポンジフィルター)にするのが基本だと思います。

ディスカスは一度の産卵で約100個~200個の卵(親の大きさと成熟度で違うけど)を産卵します。 数個~十数個の卵を一列ずつ産みつけ、一列が終わると急いでオスが産んだ卵の上に腹を擦り付け放精して行きます。 これを何度か繰り返して行い約1時間~2時間で全てを産み付けます。 




photo:体着後約2週間目の稚魚と子育てするドイツコバルト。 稚魚はそろそろミルクよりブラインやミジンコに興味持ち、積極的に餌を探し回るようになる。

ただ、これらの産卵行為がペア水槽で起こるとは限りません。 混泳水槽で急にペアができ、何らかの拍子に産卵に至ってしまう場合も結構あるはずです。 ウチでもワイルド2ペアの最初の産卵は混泳水槽で産卵してしまいました。 ただ、これは失敗ではなく、個人的な意見ですが、このようにたくさんのディスカスが同居している水槽で何度か産卵させた方が後々結果が良かったように思います。 混泳しているとペア以外のディスカスは卵を食べようと産んだ直後の卵に襲い掛かり、食べられることもありますが、これをペアで守ろうとする行為がペアの絆を強めて夫婦仲を良くするのではないかと感じています。

このような理由から混泳水槽で産気づいたとしてもウチではすぐにペアを隔離したり水槽を移したりといった行動は起こさないようにしてます。 混泳水槽で数回産卵し、受精(放精)が確認できた段階で様子を見てペア水槽を用意してます。 焦らずとも孵化まで至らなければ2週間に1回くらいのペースで1シーズンに10回くらい産卵しますし、来年もあることだし! 産卵の誘発と同じでここでも焦らないようにしています。

混泳水槽での産卵、受精を確認できたらいよいよペアだけ収容した本格的な繁殖にチャレンジです。 ここでは60cmワイド水槽を用意し、水質をペアの好む環境(一般的に受精率の良い水質)に近づけるためph6.0±0.5、GH3、KH2、28℃程度のブラックウォーターにしています。 そうすることで混泳水槽で何度か産卵を経験したペアは二人だけの世界に酔いしれ直ぐに産卵をするはずです。 産卵管の様子を見て、産卵間近には上で書いたように水流を調整し受精率Upを狙います。 

《孵化・体着》
産卵を終えるとペアは卵の周りを片時も離れず口や胸鰭で新鮮な水を卵に送り続けます。 ある程度時間が経つと卵が白く変色することがありますが、これは無性卵でカビが発生するからです。 しかし人間がそれを取り除かなくても親が卵の状態を把握して不必要なものは口でついばんで食べ、健康な卵にカビがうつらないように取り除きます。

通常、産み付けられ受精した卵は水温27℃で72~78時間。28℃では68~72時間。 30℃では46~52時間で孵化します。 時間が経つとともに卵が黒っぽく変色していきますが、これは卵の中で稚魚が正常に育っている結果です。 孵化させるときの注意点としては、孵化を焦るあまり水温を上げる人をたまに見かけますが、そうすることによって卵の中で細胞分裂が早くなり各器官が未成熟なまま生まれることもあるので、ここは焦らず27℃か28℃。時間で言えば70時間くらいかけてゆっくりと細胞分裂させる方が稚魚の奇形が減り後々の成長も良くなると思います。 また、水槽環境としては産卵後約2週間は照明を24時間つけっ放しにして親がいつでも卵や稚魚を確認できるようにしてあげる方が食卵や育児放棄が少ないと思います。 濾過の再開に関しては産卵が終わった2~3時間後に再開して水質の安定を保つことで親のストレスが軽減されると考えています。


食卵癖の強いペアであれば、4~5回普通の産卵をさせて様子を見て、それでもダメであれば食卵防止ネットを使うと良いと思います。 ただ、このネットを使うことでカビた卵を親が取り除けないので、周りにある健康な卵までカビてしまうこともあるので、出来ればネットを使わなくていいようにペアの絆を作ることが必要だと思います。

産卵後28℃で68~72時間経つと卵の殻を破り、稚魚が誕生します。 孵化した健康な稚魚は頭にある吸盤状のもので産卵筒にへばり付き、そこで約3日間を過ごします。 この間はお腹にあるヨークサックから栄養を取っているので、エサも必要ありません。 この時点でよくある失敗例として、それなりのまとまった数の稚魚が孵化して生きていないと親は育児を断念し食べてしまうことがあります。 ウチの環境では15匹が育児をした最小数でした。 8匹や10匹などでは育児の意欲がなくなるようで食べてしまいました。

また孵化後3日を待たずに力なく泳ぎだすものや産卵筒にへばり付いていられない稚魚もいます。 最悪の場合、孵化後すぐにパラパラと産卵筒から墜落し、水槽の底に沈んで行く稚魚たちもいます。 これらの稚魚はほとんど生きていくことができないのですが、この原因を私は管理ミスだと考えています。 その詳しい原因は不明ですが、私が考察するに理由は2つ。 1つは卵の時期の水温が高かった(30℃以上)だったので細胞分裂の失敗、未発達、奇形が生じてしまった。 もう1つは孵化直後の水質が悪く、亜硝酸や汚染物質に稚魚が適応できなかった。 特に沢山の稚魚が墜落することが何度も続くようなら環境を再検討することが必要だと思います。 そのまま何度も失敗を繰り返すことで親(特にメス)にも負担がかかるので、その場合は一時的に「産ませない」と言うことも検討しなければならないでしょう。 

このような理由からもウチでは夏場は例え産気づいたとしても産卵をさせないようにペアを離したり産めない水質にしたりして無駄な産卵を回避しています。 ウチの擬似雨季飼育のもう1つの意味はこのような点でもありph7.5近くまで上げていると産もうにも産めないですからね。(^^ゞ


少々脱線しましたが、通常のステップで成長を続けた稚魚は孵化後3日くらいから徐々に産卵筒から巣立とうとします。 まだ泳ぐと言うレベルには達しないまでも、水面や親に向かって体着しようと元気に飛び出そうとします。 まだまだ未熟で親に体着するのも難しいため、親は必死に飛び出した稚魚を追いかけ、咥えて巣に戻しますが孵化後4日目、5日目になれば次第に稚魚の数と遊泳力が増すため、稚魚を追いかけることが出来なくなり、この時点で体着となります。 ここからは親のミルクだけを食べて日々大きくなっていきます。

この自由遊泳しだす頃の注意点は、濾過器を緩めるなり停止するなどして稚魚が水流で散らばらないようにして親の疲労を若干でも和らげてあげてください。 親の疲労だけでなく稚魚も水流で流されることで無駄な体力を使うのでそういった面でもやはり濾過を止めてやることが大切だと思います。

また、産卵前、産卵後と通して言えることですが、親の餌やりはなるべく控え、親のストレスにならない程度に少しずつ水換えして水質の安定を心がけましょう。 例え餌を与えなくても、体着が近くなると親はミルク(粘膜)を出し始めますので、それらの分泌物で通常飼育以上に水は汚れやすくなる上、濾過を止めたり緩めたりするので、濾過能力も著しくDownしますので、その辺も考慮しておかないと孵化直後にパラパラと墜落したりする稚魚が多くなってしまいます。 ブリード中は少量で頻繁に、そしてストレスを与えない(親に水換えしていることを気づかれない程度)に水換えするのがベストだと思います。

今日はここまで。 次回はいよいよ最終回。 稚魚の育成についてです。
毎度のことながら、長文にお付き合い頂きThank youでした。(^^ゞ




 


コメント(10) 
共通テーマ:ペット

コメント 10

dai8682

毎度!
今回も読み応え十分な内容で勉強になりました^^
孵化を早めるために水温を上げることは細胞分裂の失敗、未発達、奇形が
生じたり、産卵筒から墜落したりの原因になるんですね
また一つ今まで常識と思っていたことへの落とし穴を知りました、なるほどね~

水質安定のため、敢えて夏場の産卵を避けるのも納得です
そうですよね、敢えて不利な環境の時に産卵させるよりも、より条件の良い
環境の時に産卵させたら良いんですもんね^^

最終回、今から楽しみです(^^ゞ
by dai8682 (2007-09-23 02:31) 

たかあき

daiさん

まぁ~勝手な考察なんだけど、実験的に水温を変えてそれぞれ何回かずつ
計20回くらいかな!? 孵化させてみて孵化数と体着数、それから
予後の成長など試してみたら、水温がそれほど高くない方がデータ的には
良かったです。

プロのブリーダーやベテランの方がどう思うかは分らないけど、ウチでは
27~28度が一番育ちがよかったよ(^_-)
by たかあき (2007-09-23 02:45) 

dora

こんにちわぁ
夏場は産卵を避ける。 ん~ 納得です。
ただでさえ夏場は水質が安定しなくて困ってしまう事がしばしばですから
家の場合は、、、^^;

今回も色々勉強になりました (・o・)ゞ
by dora (2007-09-23 11:41) 

今回も、有益な情報をありがとうございます(^-^)

水流を考える事は、産卵時だけでなく、孵化後についても
重要なんですね。
それに、高温や水質維持についても勉強になりました。
知っているのと知らないとでは大きく違いますからね。

早く繁殖にチャレンジしたくなりました(^0^)
by (2007-09-23 13:48) 

こうや

これはもう、保存版ですね!!
私のような繁殖未成功者にとって、まさにバイブルです!!
早く、たかあきさんの写真のような光景が見られると最高です。
by こうや (2007-09-23 22:41) 

たかあき

doraさん

夏場は病気や拒食にしないように管理するだけでも大変ですもんね~!?
最近の暑さは強烈だし、水換えや管理で高温による老化を防いで
秋に美しく輝いてもらえるようにするだけで精一杯です。(^^ゞ
そんな時に産卵なんてされたら・・・・手に負えません。
もっと設備が充実できて水温が思い通りに管理できれば話は別なんでしょうけどね。


motoさん

意図的に強い仔だけをスパルタ式で残す!って感じなら水流を気にしなくても
良いかもしれませんけど、同じように産卵孵化しててもそれぞれ稚魚の成長も
違うので、ちょっと遅れた仔も元気に成長させるにはやっぱり水流管理も
大切ではないかな?って思ってやってます。


こうやさん

こうやさんのディスカスたちもいつもピカピカ輝いてるので産卵繁殖も
今シーズンできちゃうかも知れませんよ!
でも、いざ生まれてしまうとブラインやら水換えやら忙しいので
結構大変かも知れませんね? (^^ゞ
それでも子育てのシーンを見ているととても嬉しくなってやめられなくなるかも!?
お仕事から帰って夜中に水換えとか???
やっぱり大変そ~~~(^^ゞ
by たかあき (2007-09-23 23:19) 

akisono-happyhappy

繁殖ですか~羨ましい光景ですね♪
でも、繁殖は僕にはハードルが高すぎて・・・(^^;

水槽に水草が浮いてますけど、怯えとかに効果があるんでしょうか?
by akisono-happyhappy (2007-09-25 10:06) 

たかあき

AKISONOさん

大丈夫だよ! AKISONOさんのディスカスも発情してる感じみたいだし
近いうちに産み出すんじゃないかな!?
それに繁殖の達人が側にいるではないですか!
自分の繁殖には目もくれず、ディスカスの繁殖に誠心誠意をそそいでいる
カポ隊長が!!! (^^♪

水草ね~・・・。
ポンプを止めるから、少しでも硝酸とか吸収してくれないかと思って!
こんなのでも結構効果あるんですよ!
あと、基本的に親を絶食に近い状態にするので、水草でも食べてもらおうかと
思って入れています。
これも結構食べたりして、それぞれの意味で役に立つよ。
by たかあき (2007-09-25 10:39) 

discupo

ぐ、ぐへぇ~
・・・何も言い返せない・・・
by discupo (2007-09-25 10:46) 

たかあき

カポちゃん

あはは。  失礼いたしました。(^^ゞ
by たかあき (2007-09-25 11:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。