So-net無料ブログ作成

161.園芸肥料で [水 草]

ディスカスといえばハンバーグ、大型魚といえば金魚、そして水草といえば液体肥料。 最近は各メーカーが「コケが出にくい」とか「水草がイキイキ」とか色々なキャッチフレーズをつけて売り出してますが、水草用品と言えばやっぱりADAでしょ。(^^♪

・・・っていいつつ、今日はADAの宣伝ではありません。 どっちかと言うとアンチADA的なネタになるかな!? だってADAの製品は使い勝手もデザインもいいけど、値段もかなりいいからね! そんなの大量に使ってられません。 ってことでウチで使っている肥料はこれ↓

もちろん使い勝手のいいADAのボトルはちゃっかり使ってます。(^^ゞ  でも中身は右に並んでいる園芸用肥料です。 前方がハイポネックス開花用180ml。後方は硫酸カリ1kg。

植物の成長に必要な栄養素は窒素、リン、カリ。 ただ水草水槽の場合、何でもかんでも考えずにやたらと入れてしまえば直ちにコケコケの水槽になっちゃいます。 ここで必要な知識として窒素、リン、カリのバランス! 水槽内ではご存じのとおり魚やエビなどの生物が入っていれば肥料を何も入れなくても硝酸(つまり窒素)濃度は徐々に上がっていきます。 すなわち、水槽に窒素系肥料を入れるのはタブー!(魚が少ないと話は別ですが) 前に触れているように、植物は窒素、リン、カリのバランスがうまく調整された肥料でないと吸収することができず、アンバランスな添加では単なる水中の汚染物としかならないのです。(汚染物=コケコケ水槽) なので、窒素を含まない肥料を使うことで、水中の硝酸とのバランスをとって水草に吸収させるということですな。(*^^)v

そういった点で便利なのが、今回のハイポネックス開花用です。肥料バランスは窒素0、リン6、カリ4です。 この肥料の作り方はとても簡単。 ハイポネックス開花用180mlを買ってきてADAの500mlボトルに入れ、ボトル満タンまで水を入れるだけ。 これで市販の専用肥料とほぼ同様の効果を持った自家製液肥の完成です。 値段的にADAが1本2000円くらいなので、その約1/4。500円程度で作れます。添加量もADA同様で水換え後または必要に応じて60cm水槽で3プッシュ。

次に硫酸カリ。 藻類が出たり、葉の白化現象がおきてしまう。 またはセットしてから1年ちかく経過した。などといった症状が出た場合、ほとんどの確率でカリが不足しています。 ここで使われるのがADA BRIGHTY Kですが、これも高い。 なので硫酸カリを使って自家製カリ肥料を作ってみましょう!

上の写真にある袋入りの硫酸カリは1kg入って500円もしません。 そして1ボトル作るのに必要なのはたったの15g・・・一袋で一生分ありますね。(^^ゞ
これも作り方は簡単で硫酸カリ15gをボトルに入れ、ボトル満タンまで水を入れるだけ! かなりお得でしょ!? ただ、普通に硫酸カリを入れて水を足すだけでは、溶け残ったものや不純物が沈殿してボトル内で白く濁ったり成分が沈殿したりします。 肥料的には全く問題ないのですが、せっかくADAのオシャレなボトルにいれてるのに見た目が・・・って方には、カリを15gより若干多くし、よくかき混ぜた後でコーヒーフィルターなどを使って、溶け残りを取り除くって方法もあります。 ウチでは18g入れてかき混ぜた後、濾紙で2回濾しています。 綺麗に透明になりますよ。(^^♪

これらのレシピ、簡単でテキトーな感じがするでしょうが、ある程度計算した上での配合なので成分分析してもメーカーの水草専用肥料とほぼ同じです。 違いと言えば、やれ海洋深層水だとかミネラル(微量元素)だとかビタミンだとかっていうおまけがあるかないかだけ。 もちろん、各種ミネラルやビタミンも水草の健全な成長には必要ですが、ハイポネックスにはビタミンもちゃんと入ってるし・・・。 特に劣ってるとは思えないけど何か違うのでしょうね!? 結局のところ、園芸用と水草用では生産コストが違うから値段が大きく変わるだけで、水草もプランターの花も野菜もみんな同じ植物なのだから、必要とする肥料は同じなのです。

肝心な水草の成長に関していえば、長年使ってますが、専用肥料との差は全く感じません。 普通に使えます。 元気に伸びます。 ちゃんとジャングル水槽になります。 気難しい水草でもこの肥料で今のところ育たなかったものはありません。 ・・・・ってことで、簡単、お手軽な自家製肥料のお話でした。

ちなみに我が家では、ハイポネックス希釈液肥を様子を見ながら4プッシュ。 硫酸カリ希釈液肥は毎日3~6プッシュ添加しています。 通常60cm水槽であれば両方3プッシュでよいのですが、ウチの場合、60cmワイド水槽なので水量が若干多いのと、有茎草がかなり生い茂っているので少し大目の添加になってます。

補足として、生態数の少ない水草水槽や有茎草などの窒素系肥料を好む(多く消費する草)を多く植え込んでいる水槽では窒素が極端に少なくなっている場合もあります。 これらの水槽にリンとカリのみの添加では白化したり萎縮したりと成長障害が発生することもあるので、様子を見ながらですが「ハイポネックス原液」を希釈して添加した方が調子がいい場合もあります。 こればっかりは管理者が日ごろから観察し、自分の水槽がどういった肥料を必要としているかを見つけないと仕方がない。もちろん添加量も! ウチではハイポネックス開花用とハイポネックス原液をミックスした希釈液を用意して必要に応じて使い分けています。 また、微量元素ですが、ソイルなどにある程度添加して練りこまれているものの時間が経てば水草によって消費されるので、ハイポネックス活力液も添加しています。 元気のない時や赤系の草が薄れて来ている時などに10ml程度添加すれば活性は高まります。


 


コメント(18) 
共通テーマ:ペット

コメント 18

日光岩魚

こんばんは。
液肥のお話、大変参考になります。
僕が初心者の頃やってた水草水槽では
生体入れすぎ+各種肥料のやり過ぎで
コケコケにしてしまった事があります。
現在新しい水草90水槽を1本立ち上げているのですが
カリ主体で様子を見ながら慎重に与えています。
使ってる液肥はメネデールとハイポネクスの混合で
他にブライティkを時おり…

水槽台、照明、各種器具、トリミングツール、液肥まで
全てADAフルセットで揃えたいのはヤマヤマですが
やはり値段が…ですね(汗)
by 日光岩魚 (2008-01-23 17:49) 

グータン

キタ~~~(><)””って感じです!!
うちの水槽セットしてから約1年半全く肥料を与えてない状態です
最近コケが多いなぁ~と思っていたしアヌビアスが花を咲かせなくなったんですよねぇ~ ̄▽ ̄!!。
うちの場合生態はいますのでリン・カリが極端に少ないわけですね???
この肥料頂き~です!!・・・でどこで売ってます????
普通のショップで売ってますかねぇ???
・・・とあまりのヒットにやや興奮気味に質問攻めしてしまいました^^’。
by グータン (2008-01-23 18:23) 

私も、水草水槽にこのハイポネックス開花用を使っていましたよー。
この肥料を添加するようにしてからは、水草の調子が良くなったのを
覚えています。
もっと、大雑把な使い方でしたけどね^^;

昨日、バルテリーの為に、カリだけのものを探したんですが
なかなか見つからないものですね。
今度の休みにでも、また探すつもりでいますが、水中葉だけでは
葉がどうしもり小さくなってしまいます?
たかあきさんのバルテリーのように大きくしたいんですよね^^
by (2008-01-23 20:37) 

たかあき

日光岩魚さん

ADAのフルセットは綺麗だけど高いですよね~(^^ゞ
90cmの水草水槽ですか~ いいですね。 高さもあるし広さもあるから
色々なレイアウトできますよね~

話に出てたメネデールですが、一般的に公表されてないけど、あれは
主成分が二価鉄となってますが、その8割がカリということです。
結局はカリ肥料ですね。 だから結構カリ不足の水草水槽では重宝し
ますよね~!?
ある意味水草水槽用肥料として非常に理にかなった栄養素のバランスですね。

ブライティKは高いから、機会があれば硫酸カリ、試しちゃってください。
結構いけますよ! ブライティKとの差は全く感じませんから。


グータンさん

長期間レイアウトを維持すると確実にカリ成分が落ちてますね。(^^ゞ
ハイポネはホームセンターの植物のコーナーに普通にありますよ!
ただ、開花用は園芸用品をたくさん扱ってる店しかないかも!?
その場合はハイポネ原液と硫酸カリ、メネデールを混ぜちゃっても
結構使えますよ。


motoさん

やっぱり使われてました!? (*^^)v
結構使えますよね? ただ、開花用と言うだけあって、陸上植物の開花を
促すホルモン的な成分も入っていると聞いたこともあるので多少気になりますが
長期間使っていても、バクテリアや生態、水草への悪影響は見られないので
最近は安心して使ってます。 魚の多い水草水槽にはこれがメイン肥料です。

バルテリー・・・。やっぱり自然界では完全な水中葉ではないので、長く
浸かっていると小さく、ねじれたりしますよね!?
なので夏場は大磯などを濾材に使ったテラ&太陽光で元気を取り戻して
もらってます。 夏のトリートメンをしないとやっぱり段々と小さくなって
しまいますからね~。
by たかあき (2008-01-23 22:50) 

*u-b*

お久しぶりです。遅ればせながら今年もよろしくお願いします。
肥料のお話、とても参考になりました。
といっても、うちは最近リセットしたのでしばらく大丈夫そうなのと、
ミニミニ水槽なので、
すでに持っているブライティKとグリーンブライティがまったく減らないのですが。
by *u-b* (2008-01-23 23:36) 

たかあき

*u-b*さん

今年もよろしくお願いします。(*^^)v

小型水槽だと添加量とか難しいですよね~!? 
特に魚が入っていると、グリーンブライティの添加量が微妙ですよね。

ウチも10Lちょっとの水槽が3つくらいありますが、肥料を入れるのに
いつも迷います。 タイミングとか量とか・・・。

モスや浮草が入っていると余分に入れても吸収してくれるので
小型水槽には必ずどちらかいれて調整してます。
by たかあき (2008-01-24 00:06) 

dora

肥料も色々普通に売ってるものでまかなえちゃうんですね~^^

アクア用品って無駄!?に高い物が多くて困ってしまう事がよくあります^^;
結構100均でまかなえちゃう道具とかもありますもんね
by dora (2008-01-24 07:08) 

たかあき

doraさん

別にAQUA用って買わなくても結構使えるものありますよね!?
ウチは観葉植物もたくさんあるので、ハイポネが水草に使えると
かなり重宝します。 専用肥料ばっかり買ってるとかさ張りますからね~

100均も宝の山ですよね!?
わけもなくよく100均でタムロしてます。 そして結構買っちゃうんだわ!
気がつけば100均なのにレジで諭吉さん出したりして・・・。バカです。(^^ゞ
by たかあき (2008-01-24 15:08) 

闘魂親父

こんばんわ。水草の肥料も理にかなっていれば工夫次第でとても効果が高いと思いました。ずーっと感じていたのですが、この業界は非常に流通機構がうまく機能していないため消費者(我々)がカモにされている一面があると思います。たかあきさんのように着想と理にかなった方法でコストも効果も高い方法を生み出されていることに感心します。私も見習わなくては・・・。
by 闘魂親父 (2008-01-26 21:18) 

たかあき

闘魂親父さん

やはり流通量ですね。(^^ゞ 園芸用品の流通量と水草用品の流通量では
雲泥の差ですもんね。 
でも、結局のところ、水草も植物には変わりないので、その量さえ把握
できれば、安くて大量に入っている園芸用がベストだと思います。

本件とは別にプラジカンテルへの投稿、ありがとうございました。
セラ製品は今のところ使ったことがないので、詳細の情報に感謝いたします。(^^♪
by たかあき (2008-01-26 22:37) 

sam

いろいろあってまだグリーンが買えていないのですが
当初は10cm前後のをかってじっくり変化を楽しみたい
と思っていたのですがなかなかいいのが見つからなくて
困っているのですが。
14cm前後の個体でもまだまだ変化って楽しめると思いますか?
経験豊富なたかあきさんの意見を聞きたいなと思ったので
よろしくおねがいします
by sam (2008-01-26 23:55) 

sam

P.S.
すみません
あとこのシーズンって大体何月ぐらいまでなのでしょうか?
by sam (2008-01-27 08:22) 

たかあき

samさん

もうこの時期になると面白い個体は売れちゃってるかもしれませんね!?
もちろん14cmや15cmの個体でも年寄りじゃなければグリーンの場合
大きく変化しますよ。(^^♪

シーズン的なもので言えばグリーンは10月~1月くらいが一般的ですね。
とは言っても、実際現地では年末くらいにグリーンの採取が終わることも
多いようですが・・・。
ただ、秋に入荷されたもので売れ残った個体でも、パウダーが消えて
将来の変化が見分けやすいようになってるのもこの季節なので、
私の場合、この辺の時期で買うことが多いです。
入荷したては分かりにくいのでね。
by たかあき (2008-01-27 13:10) 

sam

たかあきさんの記事をよんでいて
新規導入個体は一年間は色揚げはしないと
書いてらっしゃったのですがスピルリナも与えていないのでしょうか?
あと体(体型)をつくるためにどんなメニューの餌を与えているのでしょうか?
よろしくお願いします。
by sam (2008-01-28 21:12) 

たかあき

samさん

私の場合スピルリナは「色揚げ」という認識じゃないので当初から使いますよ。
色揚げとは「色揚げハンバーグ」や「色揚げドライフード」と考えているので
スピルリナは健康補助食品程度の解釈でいいと思います。(^^♪

理想的な体型をつくるには脂肪分の多いハンバーグを極力減らし赤虫や
ブラインシュリンプなど天然食品を7割くらいで飼ってます。
ただグリーンの場合、体高が高くなりにくいので、それは「こんなものだ」と
いう風に思うようにしてます。 
とにかく個体差が大きいので、それぞれの個体でバランスも発色も
違うので難しいですね。
by たかあき (2008-01-28 22:41) 

sam

そうだったんですかー
ありがとうございます
by sam (2008-02-02 18:45) 

海

数少ない硫酸カリを使った肥料のレシピありがとうございます
by 海 (2013-02-11 15:55) 

たかあき

海さん

お役にたてなのなら良かったです。安く作れますもんね。(^^ゞ
by たかあき (2013-02-12 17:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。