So-net無料ブログ作成
検索選択

186.水槽置換え No.4 [飼育設備]

水槽台の調整と新水槽への穴あけ&OF管の取り付けが終了したのでいよいよ水槽を設置しました。新しい水槽なのでキズをつけないように嫁にも抱えてもらいゆっくりと水槽台に!
コンパネの穴とOF管の位置がばっちりフィット!「さ~すが~」・・・と誰もほめてくれないので自分でほめておきました。(^^ゞ
08069576.jpg
とりあえず、パトカーと日産でもらったラジコンを入れて記念の1枚!
08069489.jpg
やっぱり違いますね! 当たり前の話ですが、これだけ透明だと濾過が効いて透明度が上がれば水が入っていないかのように写真が綺麗に撮れる気がします。
08069588.jpg
う~ん。 やっぱり美しい。 バックスクリーンも前から使っているモスを使い120cm用がないからある程度綺麗に絵がつながる所で張り合わせました。今回、バックスクリーンを使うにあたり、通常行うテープでの固定はやめました。 なぜかと言うと、ビニールテープには低濃度だけどホルマリンやら何やらの接着成分が含まれていてそれがアクリルの溶接部分を劣化させたりクラックの入る確率がかなり高くなるから! 今回のアクシデントで学びましたが、テープで固定している場所って強烈にクラックが入っていました。 アクリル水槽でバックスクリーンを使う場合は気をつけましょうね! ってことで、今回は薄い塩ビの板にバックスクリーンを両面テープで貼り付け、それを水槽の裏に立てかけるって感じで固定しています。
08069560.jpg
水槽が設置できたからと言って喜んで見とれてるわけにはいきません。 作業はこのまま続行。 水槽が設置できたなら戻りの給水配管を組まないと! 今回は120cmと言うこともあって、大型水槽でおこりがちな水槽中央付近での水の淀みをなくすために配管を分岐し、左端、そして中央に同時給水するように配管しました。 一部写っていませんが必要に応じてエルボーで角度を変えたり、分岐を3つに拡張できるように工夫してあります。
08059615.jpg
以上、4回に分けて投稿した水槽置換え作業ですが、これらの工程は半日ですべて行いました。のんびりとやりたいところでしたが一日でも早くセッティングしないとストック水槽のディスカスたちが心配ですからね~。 こちらの都合で魚たちを弱らすわけにいきません! こんな感じで濾過槽以外は完成したので、仮の100L濾過槽を設置し水槽に水をはりメインポンプを稼動! 各ジョイント部分の水漏れチェックと塩ビ接着剤や水槽のアク抜きをしました。
コメント(6) 
共通テーマ:ペット

コメント 6

日光岩魚

パトカーとニッサンが何だかシュールで笑っちゃいました。
バックスクリーンの壁掛けはナイスなアイデアです!
オリジナル?のモスがまた素敵です。
焦る事無く、確認しながら確実に作業を進める…さすがたかあきさんですね。
新品のアクリル水槽の透明度の高さとたかあきさんの撮影技術で、
これからどんな写真が見れるのか楽しみです。
by 日光岩魚 (2008-06-04 23:55) 

グータン

いやぁ~ホント勉強になりました^^
いつかはOF水槽~♪””
そんな僕の参考書です!!
by グータン (2008-06-05 09:36) 

たかあき

日光岩魚さん

「前の青い車止まりなさ~い!」って感じでしょ? (^_-)-☆

新品のアクリル水槽は綺麗ですよね~ この透明度をずっと維持できれば
いいのですが、半年もすればくもりはじめて1年2年すればまた不透明な
水槽になっちゃうんでしょうね!?
透明度を永久に維持できる加工の簡単な素材ができればいいのですが・・・。

バックスクリーンの立掛け作戦はアクリルにはいい方法かも知れません。
旧水槽のバックスクリーンを使いまわすために剥がしたのですが、剥がして
びっくり! テープを貼っていたところに強烈にクラックが入ってました!
アクリルの溶接部にテープは危険なんだと改めて感じました。


グータンさん

OF水槽は大量に飼育する場合は管理が楽ですが、感染症の拡大や水漏れなど
色々デメリットもあるので気が抜けないってこともありますが、今回もまたOFに
加工してしまいました。(^^ゞ
置換え作業は久しぶりのDIYで結構楽しめました。(^^♪
by たかあき (2008-06-05 11:08) 

moto

キレイな、ミニカー?のショーケースですね。
て、違いますね^^;
それにしても、キレイだなー^^

アクリルはセロテープでも貼るのはだめと言うのは、本当なんですね。
バックスクリーンや配管など、工夫が沢山してありますね。
覚えておきます^^

モスのバックスクリーン、いいですよね。
アルタムの水槽に使いたいんですが、60Hのバックスクリーン自体
見つかりません><

by moto (2008-06-05 15:08) 

阿波

「誰もほめてくれないので自分でほめておきました」
最高です! (o_ _)ノ彡☆ポムポム
笑い過ぎました。あまりにも自分と一緒だったもんで^^

水槽にミニカー・・・昔60規格水草水槽に信楽焼きの狸
入れてレイアウトしたのを 思い出しました

しかし アクリルにテープ ダメだったんですね
私 ガムテープで固定してます・・・色んな物^^;
バックスクリーンでしょフードタイマー各チューブ類etc・・・
帰ったら 撤去を考えなければ・・・・


by 阿波 (2008-06-05 16:26) 

たかあき

motoさん

大きなショーケースでしょ!・・・って違います。(^^ゞ

アクリル水槽でも接着部分以外では問題ないみたいですが、接着部では
かなり影響あり!って感じです。
貼っていたところが綺麗にヒビってましたからね~
テープの粘着成分がアクリルの接着面に入り込むんですかね~!?
この辺の化学変化はわかりませんが、結構危険っぽいです。

60Hの水槽ではなかなかバックスクリーンありませんよね!?
印刷屋で特注でつくるしかないんですかね~やっぱり。(^^♪


阿波さん

「どう? ピッタリ穴の部分に収まってるでしょ?」って家族に言っても
「ふ~ん・・・・だから? 計って穴開けたんなら当然じゃないの?」・・・みたいな。(~_~;)
だからね、計ったけど、こんなに上手い具合に収まることがすごいべ!って
言いたいところなんですけど、もういいです・・・・。(;一_一)
・・・って感じでした。

水槽に信楽のたぬきですか!?
なかなか面白いですね~ 何かもっと面白い物を置いて撮影したかったのですが
これが一番近くに転がっていたので。

アクリルにテープ。 ちょっと注意した方がいいかも知れませんよ~
ここまで影響があるとは思いませんでした。 「えぇ?(@_@;)」って感じでした。
by たかあき (2008-06-05 17:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。