So-net無料ブログ作成

305.参考文献 [日々の徒然]

しかしまぁ~暑いですなぁ~ (A;´ 3`)‐~ 雨でも降ってくれれば熱せられたアスファルトも冷めてちっとは涼しくなるのだろうけど、今年の夏は長雨は少ないし、夕立もない! 日中にぶっ飛んだ水蒸気は何処へ!? みんなから滴り落ちる汗だけでもそうとうな水蒸気だと思うんだけど・・・。
1220133.jpg
ってことで、皆さんのお宅にはどれくらい本があるのでしょうか!?・・・って、どんな話の流れやねん!(^_^;) 普通は家中の本を集めたら100冊くらいはあるのでしょうか?この普通っていうのがよく分からないのですが、ウチには数え切れないくらいの本があったりします。まだ子どもは就学前なので本来一番かさ張るはずの子どもの本なんてほとんどないはずなんですが何故だか沢山・・・。
ってことで、何となくどれくらいの数があるのか軽く計算してみることにしました。

1220180.jpgまずはいつも手が届く場所にある5×2の本棚から! ここにはALやFMなどのAQUA雑誌の一部が並んでいるのですが、1マス?に約40冊入るので、単純計算この手の雑誌だけで240冊くらい入っています。この他にA4、B5サイズのAQUA関連の単行本や専門書、そして嫁の医学書と植物&カメラの本など比較的よく見る本を収納しています。この棚だけで恐らく350~400冊?くらい入っているのかな!?

この他に昔集めていた楽熱(楽しい熱帯魚)や錦鯉の雑誌など若干興味の薄れた(読みすぎて内容を記憶してしまった)AQUA本はとりあえずダンボールに入れて押入れに!このダンボールが5つくらいあったでしょうか!? それから嫁が大学時代に使っていた?医学書で特に興味のないものや私がPCをお勉強するのに使っていたPC関係の本も押入れに突っ込んでいます。 あと、小説とかもあったと思います。そんなこんなを足すとたぶん1000冊以上はあるような気がします。これってどうなんでしょう!? やっぱり多い?(^_^;)

1220182.jpgこんな風に書けばかなり本が好きな人間だと思われてしまいそうですが、不思議なことに?子どもの頃から国語は大嫌いで、本読みの順番が回ってくるとちゃんと読めずにいつも先生に怒られていたようなガキだったんですよ! その苦手意識はいまだに抜けなくて、こんなに本を持っていながら今でも基本的に本は大嫌いです。かなり矛盾してますが・・・。


まぁ~こんな本嫌いの人間ですがこの本たちのおかげ?で救われていることも多々あります。これだけ本があればいつでも色々な情報を読むことができるのでblogのネタは尽きませんし、いざと言うときには役に立ちます。また梅雨のジメジメした時期でも本のある部屋はカラッ!っとしています。(本が湿気を吸うのでね)って、どんな使い方やねん!(^_^;)
1220185.jpg・・・って感じで軽く落ちもついた?ので話を〆ようと思ったのですが、AQUAな話でもなんでもないことに気づきました!
どぉ~しよ~(^^ゞ ってことでちょっと強引に本とAQUAを結びつけちゃいましょ!(^_-)-☆ 私は飼育で困った時にはいつも決まって医学書や専門書を開くようにしています。その理由は魚にトラブルがあってAQUAな雑誌を見たところで私の欲しい答えはないから! なのでそんな時、役に立つのはやっぱり専門書なんです。魚といえども中身は人間や動物と同じ。また使う薬剤もほとんど同じですから!!

特に薬学、寄生虫学、細菌学、魚病学の本はよく使います。これらから該当しそうなものを抜粋して治療や対策を練ります。またどうしても解決できない水質の問題を解決するには微生物学の本などにも目を通すことがあります。

その他の本の使い方としては、blogネタを考える時に沢山あるAQUAな雑誌をランダムにひっぱりだしてきて、パラパラパラ~ストップ!って感じで適当にページをめくり、そこに書いてあることを自分なりに考えてから専門書で該当する所を探して記事にしたりもします。こうやって適当な記事作りをしていると不思議なことに書いた直後にその問題に直面したり、困っている人があらわれたりするんです。何なんでしょうか?この偶然。おそらく偶然ではなく必然なんでしょうけどね。(^_-)-☆ 何にしても本って凄い力を持ってますよね!? 人の人生を変えちゃったりすることもあるんですから!
= お ま け =
本のネタを書いたのでちょっと自慢話?も書かせてもらおーっと。この記事を書こうと思って本棚の写真を撮りながらまたパラパラやっているといくつかの本にC’ZONが載っていることを思い出しました。今ではこのblogを通じて沢山の方にお付き合いしてもらってますが、もともとはホームページ(html)でC’ZONEは運営しておりました。もう10年くらい昔のことですけど。220226.jpg当時はAQUA関連のサイトは少なく、ネットも普及しはじめる寸前だったので、色々な出版社がとりあげてくださって、こんな感じで写真とか載せてくれてたんですよね~。またこれがきっかけでいくつかの雑誌のコラムみたいなものも書かせてもらったりして・・・。今となってはいい思い出です。

コメント(13) 

コメント 13

阿波

左下のアクアライフ ウチにもありました(・∀・)ニヤニヤ
結婚を期に確か捨てましたが・・・

多分 マンガだけで2000は超えてるような・・・
その内水槽じゃなく本で床が抜けそうです
我が家は・・・^^;


by 阿波 (2010-08-04 20:46) 

たかあき

阿波さん

マンガですかー。マンガも集めだすと凄い数になりますもんね!?
そりゃ~2000くらい行きそうだ! でも恐ろしい数ですね!? 
ホント水槽より重たそうだ!(^_^;)
水槽と本って思ってる以上に重たいから、そのうち床の補強とか
必要になってくるかも知れませんね。(^^ゞ

by たかあき (2010-08-04 22:35) 

keke

沢山ある本の重さは半端じゃないですよね…
なるべく通し柱の傍か、910以下の間隔の柱の上に載っかった二階床梁の上、ないしはその付近でお願いしますですよ。


by keke (2010-08-05 00:23) 

たかあき

kekeさま

そうだな~ これだけ重さがあるとそろそろ怖くなってきた!
近いうちにちょっとずつ散らして行こうかと思ってるだよ。(^_^)

by たかあき (2010-08-05 20:41) 

M太郎

ずらっと並んでいる光景も良い感じですね~。意外と出版社も帯の色を計算していますね!!

で、そろそろ図書館としてオープンできそうですね!?(笑)
ワンピースなら0~最新刊まで貸出可能です!!(笑)

それでは~。
by M太郎 (2010-08-06 18:25) 

たかあき

M太郎さん

そうですね~ アクアライフはある程度デザイン(背表紙)に統一感があっていいのですが、フィッシュマガジンは突然デザインは変わるし見開きも(左開きや右開き)も変わるし・・・・なんだかね~って感じです。

図書館・・・これを見たいという人がいますかね~!?(^_^;) いつでも誰でも見てくれていいけど普通は興味なし!でしょうね?AQUA本なんて!!

ワンピースですかー。面白いですよね。これも結構な数ですよね? やっぱり本ってみんなそれなりに持ってますよね?かなりの重量を!(^_^)
by たかあき (2010-08-06 22:43) 

海馬

たかあきさん
こんにちは。

さすが!たくさんの蔵書ですね!
これがたかあきさんのブログの知識の源だったんですね!
尊敬します!

「おまけ」の記事はモンスターフィッシュキーパーズですよね。
今書棚から出してきて見ました。
今頃言うのも何ですが、有名な方とこうやってお話ができるとは・・ホントに光栄です。お世辞じゃないですよ、本当に。
エイを飼い始めた頃は、雑誌に載る方って凄いなあ~と憧れと尊敬の気持ちで見てました、今でもそうですが。
たかあきさんとは初めブログでお知り合いになれて、それからMFKでC’ZONEを知ったので有名な方やったんや!って嬉しかったです!♪

何か掲載されるのは私には一生縁のないことかもしれませんが、まあ一回くらい「海馬」って名前で載りたいなあと思って、イラストに応募してます。^^;

ところでダトニオについてまたまたお聞きしたいのですが、底に体をこすりつける動作をするんですが、これは病気でしょうか?
調べると水に馴染んできたからだと書かれてるものもあったり、寄生虫だとか白点病だと書かれてるものもあります。水に馴染んだから・・というのはうちの場合はちょっと疑わしいいんですよね、来た日からやってますから。
ということは病気なのかな?と不安なんですが、そういうときに例のアンモニア騒動でそれどころじゃなくなったのでそのままにしてるんですが、どうでしょうか?たいしたことなければいいんですが。
by 海馬 (2010-08-08 18:20) 

たかあき

海馬さん

結構あるでしょ?本。そのうち水槽と本で家が壊れると思います。(^_^;) モンスターフィッシュキーパーズ持ってらしたんですね? あれもメールで掲載願いが来て、その後お宅訪問も依頼があって(お宅訪問は毎回お断りですが)本を送ってくださいました。今とあの頃はかなり違うと思うのですが、サイト数が少なかったので結構色々載せて頂きましたよ。もうblogになったので載る事はないと思うのでいい思い出です。

イラスト・・・海馬さんのイラストなら確実に載ると思います。楽熱あたりは掲載時期とオファーの時期を既に話し合ってるんじゃないですかね?(^_-)-☆

体を擦り付ける現象ですが、私は3つ理由があると思うんですね。1つはエアレーションの泡が目やエラについたから。ダトニオは他の魚以上に目に気泡がつくのを嫌います。これを振り払うために底に目やエラを擦りつけたり、高速ターンしたりすることがあります。特にph(本ダトの場合7.0以下)や硬度が低い場合には気泡の切れが悪くて暴れることが多いです。高ph高硬度を好む魚ですからね。

もう1つは白点。強そうに見えてダトニオって白点を患うことが多く、特に新規導入時からちょっと経った頃や水質が変化した時、小赤などからの感染で白点=擦りつけがおこったりします。この場合メチレンブルーを多少使ってもいいのですが(特にアンモニアが出てる場合はメトヘモグロビン血漿の予防)目立った白点がない場合は多目の塩とHB-101+水換え頻度を上げるだけで改善されると思います。

最後1つですが、これは環境に慣れてきた・・・っというより、慣れようとしてる時にもこのような動作をします。これは水深や幅、アクセサリーとの位置関係などを立体的に把握するために行っているように私には見えるのですが、トラもレイアウトを変えたりするとこのような行動をいまだにします。なのでここ数年は何も入れず何も変えずで飼ってます。

他にも理由はあるかも知れませんが、これが私が思いつくダトニオ特有?の3つの体を擦り付ける理由です。

by たかあき (2010-08-08 21:53) 

飼育係

海馬さんの質問に便乗しますw

自分はダトニオのこすり付けは、
鞭毛虫等の細菌類が水槽内に多くなった時に、
エラや体表に多数付着して、
それが痒く?(気持ち悪く)てこすり付けてるのだと考えてました。

水換え頻度が下がっていたりすると良くやるように感じてましたので。

細菌類はあまり関係ないのでしょうか?

横入り失礼しましたm(u_u)m
by 飼育係 (2010-08-09 04:23) 

たかあき

飼育係さん

えぇーっと、まずべん毛虫=寄生虫なので細菌ではないですね。
っと前置きしたところで、飼育係さんのおっしゃるように、擦りつけの原因で病的な要素としてはいくつかありますね。

寄生虫症の場合であれば、まず疑うべきなのが上にも書いたイクチオフチリウスという繊毛虫(センモウチュウ)がついた白点病、そして主にエラに寄生するダクチロギルス、ギロダクチルスといったエラ吸虫症、そして原虫のキロドネラやトリコディナ、コスティアなどの寄生でおこる白雲病などです。

細菌でいうと疑わしいのが水カビ病とフレキシバクターカラムナリスによるカラムナリス症です。

この中でもダトニオという魚、そして水槽という環境、また日本という環境から考えると病的な原因でおこる擦りつけのNO.1は白点病(寄生虫)。NO.2はカラムナリス(細菌)NO.3はエラ吸虫症(寄生虫)って感じではないかと私は考えております。(^_^)

またこれらの根本的な理由も飼育係さんのおっしゃるとおりで水質の悪化や劣化が原因だと思います。ダトニオは新しい水が好きなタイプの魚なので特にそう感じます。
by たかあき (2010-08-09 10:27) 

飼育係

細菌と寄生虫を混同していました。
スイマセン(恥)w

ダトニオは水質に対して、かなり順応性は高いと思いますが、
他の古代魚とは違って、こなれた古い水でキープと言うよりも、
ある程度しっかり水換えして行った方がストレス無さそうですね。

漠然とした物が、おかげでスッキリ明快になりました!
ありがとうございます!
by 飼育係 (2010-08-09 16:51) 

たかあき

飼育係さん

そうですよね。こなれた水より新しめの水の方がいきいきしてますよね?特に新しい水だと目の輝きというか透明度が違いますからね~。プラスワンは若干違うかも知れませんけど、それでもダトニオは海が起源の魚だけに全種類中性~弱アルカリの新しい水が好みのように感じます。

よくあるアジアアロワナとの混泳でアロワナの水質に合わせすぎて体表に艶がなかったり目が白っぽく見えたりする水槽ではほとんどがこなれた水ですから、その辺から見ても本来はアロワナとの混泳に若干ムリがあるのかも知れませんね?
by たかあき (2010-08-09 18:49) 

海馬

たかあきさん
こんばんは。

ありがとうございます!
3つの原因があったんですね。
今のうちの状況では、アンモニアの発生した水に慣れようとしているとは考えられないので、白点病かPHの低下じゃないかなと思います。PHは6.8くらいですから。
この3つの中で一番怖いのは細菌や寄生虫の類ですので、これらに的を絞って、水換えとHB-101&食塩で様子を見てみます。

ダトニオの幼魚は白点病に罹りやすいと聞いていましたが、そこそこ育った成魚もこれらには弱いんですね。
今から水換えて、早速に実行したいと思います。
ありがとうございます!
by 海馬 (2010-08-09 22:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。