So-net無料ブログ作成
検索選択
飼育設備 ブログトップ
前の10件 | -

406.逆流させて [飼育設備]

梅雨明け宣言が出ましたね。今年も本格的な夏がやってきました!ってか梅雨が明けたや否や暑すぎませんかね!?もうちょっとゆっくり気温が上がってくれるのなら体の準備も出来るのでしょうが、いきなり各地で記録更新しているような暑さはご勘弁願いたい。今年もまた記録更新が連発するのでしょうか!?九州地方の大雨と言い、やっぱり異常気象ですね!?皆様お体ご自愛ください。
12046006.jpg
最近、色々忙しくて更新もままならない状態で・・・。更に水換えもまたままならない状態で・・・。生き物を飼ってて許されないことだとは思いますが、お魚さんたちには迷惑かけております。(^^ゞ
そんなこんなでディスカス水槽の濾過槽もこんな感じになっています。まぁ~多少のスラッジがあっても定期的に水換えが出来ているのであれば問題ないのでしょうが、水換えは1ヶ月ほど出来てませんでしたので今日は1日使って全ての水槽を掃除、水換えしました。
120718021.jpg
とは言ってもディスカス水槽のスラッジ除去はさほど大変ではありません。水換え時にちょっと給排水の方法を変えるだけでほぼ自動的にスラッジを除去できるように一応設計して濾過槽を作っていたのでね。(^^ゞ ウチのOF水槽は自作ですので、間切りも何もかも自由でしたので、過去に設備全般を掲載した通り、若干ヘンテコリンな3槽式になっています。更に現時点では魚の数も少ないので、1槽目だけに濾材を入れて2槽3槽は空っぽです。まぁ~濾材が何槽入っているかはいいとして・・・。

どんなOF濾過槽でも1槽~2槽目の下には確実にスラッジが溜まります。これを除去するために市販のものはコック式のドレンなどがオプションでつけられているとは思うのですが、ドレンがあっても全て綺麗に抜けるかと言えばそうではなく、気分スッキリ爽快!ってくらい綺麗になることはほとんどありません。なので私はドレンを採用しませんでした。その代わりに逆流方式でスラッジを抜きやすい仕様にしました。2枚目の写真が抜いてる最中(ほぼ抜き終わった状態)ですが、綺麗でしょ!?

通常水の流れは向かって右から左に流れて濾過しているのですが、ポンプを止めて2槽目のスラッジが溜まっている所に排水のホースを突っ込み残り数センチのところまで水とスラッジを抜き、1、2槽目の水量が残り少なくなった時点で3槽目に浄水器を通した水を流し込むことで3槽目からオーバーフローした水が1、2槽目に流れ込みます。この流れによって定点に置いたホースだけでは取りきれなかったスラッジが水の流れによって掻き混ぜられて綺麗サッパリ抜けるのです。
191630.jpg
恐らく市販のOF濾過槽でも同じようにして掃除は可能だとは思うのですが、2槽目を空っぽにしておくか、もしくは2槽目にスノコの下まで抜ける排水管を設けることで同じような効果はあると思いますので「濾材を抜いてスラッジ抜きするのはなぁ~・・・。」なんて感じで濾過槽掃除をする気にならない方は一度お試しください。手を水の中に突っ込むことなく綺麗に抜くことが出来ると思います。

<< 追 伸 >>
AQUAではないですが、以前ちょこっと書いた娘にせがまれて買ったカブトムシのPrの話ですが、2週間ほどで死んでしまい、小さな虫(キノコバエなど)が大量に湧いていたので、ケース内の土を処分しようと思ったら・・・。こんなことになっていました!! 苦手な方がいるかも知れませんので続きは別館PrivateZoneで。(^^ゞ
コメント(5) 
共通テーマ:ペット

396.濾過槽掃除 [飼育設備]

この記事がUpされる時には日が変わってますが、今日は私の誕生日!4月17日で36歳になりました~(^_^)v って完全にオヤジじゃん!(-_-;) 4月生まれなので誕生日前に環境の変化が大きいのは子どもの頃からずっとそうでしたが(入学とか)今年は久しぶりに周囲の環境が変わる節目の誕生日になったような気がします。
12046006.jpg
ってことで、先週は2日の連休をもらったので気になっていたディスカス水槽の掃除をしました。もう1ヶ月以上は軽く放置していたので気分スッキリ!って感じでこうなることは分かっていながら濾過槽のスラッジを全て取り除いての濾過槽大掃除!!いやー気分爽快です。しかし・・・。
12046008.jpg
上でも書いたようにこうなることは目に見えていましたがやっぱり墜落。普通に水換えだけであればちょっとやそっと換え過ぎてもこんなことにはなりませんが、スラッジがある程度溜まった状態で掃除をすれば草葉の影に隠れて全く出てこなくなります。何故でしょう!?

この理由は以前にも書いたことがあるのですが、このスラッジの正体はオルトリン酸であったり硝酸であったりで強めの酸性物質の塊と思ってもらっても過言ではない?ようなもので、本来ならなければない方がよいのですが、絶対に溜まってしまうものだったりします。特に過密飼いをしているとこれが1ヶ月もしない間にこの写真以上に堆積して水換えしても即ph低下!なんて現象が起こってしまうわけです。しかし、この汚れの塊が一方的に悪いかと言えばそうでもない。

これが適度に残っていることで多少多めに水換えをしてもphの変動が少なく済んだり、これがあることでアルカリ水質に傾きにくいので還元反応が起こりにくく・・・つまりは少々のことでは有毒なアンモニアにはならないので気を使って水を換えたり残餌をすぐさま掬いださなくても大丈夫!なんていう恩恵もあるわけです。
1204192508.jpg
ちなみにこの写真は水道のコックを開いているのを忘れていて30分以上新しい水を入れてしまった直後の写真です。量にして100%や200%って話じゃないくらい水が新水に入れ代わったと思うのですがディスカスたちは沈没することもなく元気でした。これはスラッジがあったからでしょう・・・。

コメント(6) 
共通テーマ:ペット

394.水道パーツ [飼育設備]

昨日から色々バタバタしていて、自動更新の設定も忘れていて・・・。久しぶりに0時更新記録が途絶えてしまいました。(^^ゞ でも水曜日更新は自分とのお約束なので何とかセーフ!! ってことで、今日は娘の入園式でした。この前産まれたばかりだと思っていましたがもう幼稚園・・・。ほんと子どもの成長は早いです。ってことは私も成長(年老いてる)ってことなんですね。
2012041020726.jpg
って感じで1日(休日)がとてつもなく速く感じる今日この頃ですが、今日はウチで大昔から変わらず使っている水換えアイテムの詳細を書いてみました。とは言ってもまったく大袈裟なものでも特別なものでもなく、たぶん皆さんも同じものをお使いだとは思いますが、その中でもいくつか拘りがあるのでそこら辺をご紹介したいと思います。

2012041020743.jpgまずはこれ! 正式な商品名は知りませんがネジ式バンド付蛇口ニップルと言います。これを使う部位は浄水器IN側のホースの先端。つまり蛇口とホースの固定に使うのですが、ウチの場合冬場は1Fの浴室から2Fの水槽部屋まで温度調整した水を送りますので浄水器内の抵抗(圧)と2Fまでの高さによる抵抗で蛇口とのジョイントがしっかりしていないと直ぐに抜けてしまいます。なのでしっかり固定できるものを使わないといけないのですが、普通のホースバンドで固定するのはハンドルが小さく細いので回しにくいしネジでとめるニップルでは風呂場の蛇口にニップルがつけっぱなしでダサい!ってことで色々使ってみてこれがベストでした。ハンドルも大きく回しやすいですし、しっかり回せるので抜けない!これはおススメです。ただ普通のニップルよりお値段が少し高く1000円近くすることもあります。

2012041020731.jpgその他の拘りとしては浄水器INとOUT側両方にドライバーを使ってネジで固定する蛇口ニップルを使っていて、全てのジョイント部はホースカップリングで連結してあるので取り外しは非常に簡単ですし、この手の商品にはパッキンも入っているため連結部からの水漏れの心配はありません。それからそれから、浄水器OUT側から水槽まで15mのホースを使っているのですが、これにも少し拘りがあり通常のホースより細いサイズ(内径:約7.5mm、外径:約11.5mm)にしてあります。この理由としては浄水器内でコットン→カーボンと水が通ることによってOUT側から出る水の量は蛇口から出る時より抵抗がかかることによって少なくなりますので普通の内径15mm、外径20mmのホースではゆっくりちょびちょびしか出てこないので大きい径は必要ないですし、大きい径だと出る勢いも弱くなります。
2012041020729.jpg
最終的にこういったシャワーヘッドをつけて水槽に流し込むのですが、この時、径が大きいと勢いよく噴出できず曝気出来ないためお湯を使うときは特にそうなのですが炭酸ガスが抜けない状態のまま水槽内に入ってしまうため水槽壁面や魚体に気泡がついて魚が苦しい思いをすることになるので少しでも曝気出来るようにとホース径を細くし、さらにシャワーヘッドの穴をジェットや拡散など水を叩きつける感じの噴出し口を選ぶようにしています。
1090287.jpg
これは過去の写真ですが、このように少々のことではビビらない魚の場合は水面に激しく水を叩きつけるようにして噴射して炭酸ガスを拡散するように水換えをしています。

追伸
4月の上旬に出荷?予定だったブッシー稚魚ですが、ココに来て若干成長がゆっくりしてきて現時点ではオトシンLサイズ強程度の大きさにしかなってません。おそらくGWくらいには普通に店で売ってるブッシーくらいにはなると思いますがなかなか手間がかかります。その上・・・この前の新月でまた産卵してしまい現時点で150匹以上にまで殖えてしまいました。(^^ゞ 
コメント(9) 
共通テーマ:ペット

370.突っ込み防止 [飼育設備]

ここ数日、千葉県や埼玉県で高い放射線量が測定されているらしいですね!? まだ原因ははっきり断定できないようですが福島の原発事故で飛び散ったものが風に乗り雨に混ざり200km以上も離れた場所にまで…。怖いですね。早く何とかならないものでしょうか!? 直接被害がない地域に住んでいますが、政府をはじめ、この事故に関わるすべての機関の対応に不安と憤りを感じます。
11101010202.jpg
さて今日は、我が家で使っているちょっとした小ワザを紹介! 題して「突っ込み防止大作戦」です。 まずこの作戦の概要ですが、スポンジフィルターを使う際に目詰まりやポンプのパワーダウンで噴き出す泡が弱くなってきた時に吹き出し口に小魚が入らないようにする!!…です。

11101010205.jpg魚って賢いようでアホ!アホなようで賢い?ってことで、よく分からない行動をする生き物なのですが、何を血迷ったかこのスポンジフィルターの吹き出し口に頭を突っ込んでそのまま死んでいるという事故が結構あったりします。我が家でも少なく見積もっても10件以上…。朝起きて「あれ?ブクブク止まってる! ってか頭突っ込んでるし!ってかってか、死んでるやんけー(ーー;)」ってことがありました。

魚種別に言うとクラウンローチなどのドジョウ系の魚や仔ポリプ、アナバスなどが多く、ちょっと大型化するメダカの仲間やテトラ、ブリード中の仔ディスカスなどにも起こりやすい。エビも入りやすいのですが、エビは中で詰まっていても結構長時間生きていたりします。

11101010225.jpgもちろんエアーをMax状態にしていれば入り込むのは難しいと言うかほとんどムリなのですが、早い水流を嫌うディスカスやアナバス、魚種問わずブリード中なんかはかなりエアーを絞っておかないといけないのでこういった事故が起こりやすい。 ってことで、我が家で使っている小ワザがコレ↑です!! 園芸用のプラスティック製鉢底ネットをカットして吹き出し口に蓋をする!! 別に糸でもストッキングを巻いてもいいのですが、見た目がよく、目詰まりが少なく、強度もある!! それに網目のサイズがちょうどいいんですよね。 取り付け、固定の方法はボンドなどは使いたくないので、↑のように網目を上手く使って固定するために1本ないし2本ツノを出したような状態でカットします。(写真は分かりやすいように切れっぱしを使ってツノを四方に1本ずつ出した状態です。)

11101010206.jpgでもってスポンジフィルターの吹き出し口の四方にキリなどでネットのツノが入るくらいの穴を開けてそこにはめ込む! そうすると写真のように貫通したツノが若干出てきますので必要に応じて爪切りなどでパチッ!っと頭を削っておけばOKです。 ただあまりきっちり切りすぎると固定が緩くなってしまって外れたりしますので、ほんの少しだし頭を出しておくのがよろしいかと思います。また出しすぎは魚のスレ傷の原因になりますので、その辺も少しばかり注意が必要かも知れません。

この園芸用鉢底ネット…。我が家では園芸以外にかなり多様しています。水槽関連ではこれ以外にOF管の周りを囲ったり、濾材の仕切りに使ったり、物理濾過のフィルターに使ったりと大活躍! 100均でもあるしHCではかなり幅も高さもあるのもが売られているので大きい巻きの鉢底ネットが1つあればかなり重宝します。見た目も黒くてマットだし加工も楽で腐らない!何より安い!!さすが園芸資材。(*^^)v


コメント(4) 
共通テーマ:ペット

369.PowerBox90 [飼育設備]

大阪でも山手に行けばそろそろ紅葉がはじまったようです。単に落葉寸前で葉の色が変わるだけの現象なのに美しいですよね!? でも私はこの紅葉のシーズンが何だか苦手だったりします。だって葉が赤や黄色に色づいているというのは言いかえれば「葉っぱの命が消えようとしている。燃え尽きている。」って感じるから。また春になれば新たな息吹に触れることが出来るのは分かっているけどなんだかなぁ~ by阿藤 海。あぁ!名前変わったんだよね?阿藤 快。…って何のこっちゃ!(^^ゞ
11101010027.jpg
って感じで若干おセンチな気分なのですが更にため息の出るような出来事が同時におきました。トラ水槽でメインポンプとして使っている外部フィルターPOWER BOX90に水漏れ発生! 以前も(2年前に)ちびちび漏れていたのですが、水道補修用のテープをOリングに巻きつけてとりあえずは水漏れなく稼働しておりました。なので今回は前回よりちょっと多めに(厚めに)巻きつけてみたのですが、さすがにゴムの劣化(硬化)が進みすぎていたようでテープでは補修できませんでした。
11100738.jpg
ってことで近くのショップでOリングを探してみたのですが、もう3つほど型が古いということでどこにも置いてない。メーカー取り寄せがきくか聞いてみても「分からない」とのこと。当然ですよね!?そうなればあそこしかない!…ってことで誰もが知ってる群馬県の大手アクアショップの通販を使いOリングを注文しました。しかしまぁ~ここの在庫数と迅速な対応は素晴らしいですね! ネットショップが出来る前から水草関係では有名なお店でしたが、更に今はAQUA器具ならここで注文すれば確実! 安心して買うことができます。おまけに変わった園芸植物もあって積極的に買ってはいないのですが在庫リストから目が離せません。
1110010023.jpg
で、サクサクっと交換してもちろん水漏れも収まったのですが、せっかくメインポンプを開けたので久しぶりに濾材の点検と清掃も行いました! 前にも書きましたがトラ水槽は2系統の濾過になっていて1つはエーハイム2217にリングだけ詰めて濾過済みの排水はディフューザーを使って強制曝気。そしてもう1つは今回のPOWER BOX90を使ってPOWER BOX90で濾過した水を上部フィルターに揚げて更に濾過するというW濾過システム。

なのでPOWER BOX90と上部濾過に入っている濾材をすべて出してみたのですが、2年ほど開けてなかたっのが嘘のよう…。やっぱりこの水槽は何か特殊な微生物が住んでいるようで濾材をバケツにひっくり返してみましたが茶色っぽ汚れがほとんどなし! バケツの底に残ったのはリングやサンゴの白い粉のみ。何でだろ? 毎回思いますがこの水槽の濾材は全く汚れません! だから自ずとメンテは濾過器の調子が悪い時だけになっています。
111000044.jpg
ってかトラ水槽の微生物…。パッキングして商品化したら売れるかも!?かなりの自信作です。(約20年もののバクテリアです!)そんなこんなでポンプも濾材も配管も綺麗に洗ってスッキリ爽快!まるで澄み渡る秋の空のごとし! これでまたしばらくの間はトラ水槽はメンテなしで(水換えだけで)管理出来るでしょう。

コメント(14) 
共通テーマ:ペット

367.節電対策 [飼育設備]

朝晩寒い!! 嫁も息子も娘も鼻みずダラダラで熱まで出ております。 ってことで早くもコタツと電気カーペットをセッティングしました。そしてもちろん水槽のヒーターも点検&スイッチONです!! でも今年の冬は夏以上に節電が必要になるかも知れないのとの報道…。関西だけど計画停電もありえるとの報道。冬の暖を100%電気でとっている我が家にとって「冬の停電=魚の死!」なので節電(停電)対策を行っておきました。
11101000704.jpg
ってことで購入したのはもちろん石油ファンヒーター。石油が底を尽きかけてるこのご時世に時代に逆行しているとは思いますが、それでも石油でも使わないともしもという時にはどうにもならない!ってか原子力の危険性が浮き彫りになった今の日本ではこれしか方法はないですよね?色々矛盾があって石油を使うのには少しばかり心の葛藤があったのだけど本当に仕方ない。ってか、私だけじゃなく、熱帯魚を飼っている方のほとんどが石油ストーブを購入するはめになっているのではないでしょうか!?一日も早く安全でクリーンなエネルギーを開発してもらいたいものです。切に願う!!

ってな感じで灯油も買ってスタンバイし、試運転として室温が20℃を切りディスカス水槽のヒーターが点灯し始めた時点でストーブを着火したのですが、低出力でも15分使えば室温が30℃に!!久しぶり(子どもの時以来?)に使った石油ストーブですがストーブって凄いですね? 暖かいを通りこして熱い! おかげでディスカス水槽のヒーターは直ぐに消えて1時間ストーブを運転するとヒーターの設定である27℃を超えておりました。

地球には優しくないけど凄い効果! でもって光熱費もついでに計算してみると、水槽のヒーターに依存していた我が家では真冬は電気代が軽く4万円を超えてしまうけど、石油ストーブを併用した場合の光熱費を独自の計算で算出してみると灯油が1500~1600円だったとしてもトータルの光熱費は3万円を切る計算。今さらだけど石油ストーブ使うと安くつくかも!? とりあえずは水槽部屋のストーブだけしか買ってないのだけど、様子を見てリビングと寝室に買っておけば本当に停電したとしても(長期間停電したとしても)灯油のストックがある限り魚も人間も生きていけるかも知れない。

ってことで、石油ストーブ…。現時点ではまだまだ在庫はあると思いますが、夏直前に扇風機がなくなったように石油ストーブも売り切れてしまう可能性が高いので我が家と同じく電気依存型のご家庭では本当に寒くなる前に(今のうちに)買っておいた方がいいかも知れません。いくら高性能のエアコンでも停電してしまったら全く使えませんのでね。

11101000714.jpg
AQUAとは関係ない話ですが…。ここ数回に亘って書いていた嫁さま専用PCの話の続きです。最新の17インチノートPCを買ったというのにあまにお気に召さなかったようで「これいらない!壊れたPC直して!」ってことで故障原因であるであろうグラフィックボードを探し回り(ネットで)ようやく本日修理部品が届き修理することが出来ました。 しかし…。この部品探しが大変でした。通常家電の場合、修理部品の保有期間が結構長いのですがPCはそれはかなり短く、メーカーに問い合わせても的を得ない回答しかないので海外のオークションでようやく見つけることが出来ました。でも直ってよかった。(*^^)v
コメント(8) 
共通テーマ:ペット

360.蛍光灯大破 [飼育設備]

先日、嫁さまが冬春開花用の花の種を蒔く為に種蒔き用土をHCに買いに行ったのですが、いつもなら大量に積まれている土類がほとんどない!!「なぜ!?」 帰宅して調べてみると「放射性物質が検出されて・・・。」ってことで農水が規制をかけているみたいです。タバコに野菜に牛に・・・。今度は園芸用土も? ここでこんな感じなんだから東北や関東にお住まいの方は心休まる時がありませんね。本当に早く何とかならないものでしょうか!?
110811_000.jpg
さて、今回のお話は・・・。水草水槽の蛍光灯が大破した!です。毎日の日課である朝一の液肥の添加をし終わって部屋を出た瞬間「ガャチャーン!!」っと大きな音。何事かと思い戻ってみると2機設置している蛍光灯うちの1機が反射板が外れ中身が全て水中に落ちてるではありませんかー!完全に底まで沈んだ蛍光灯を拾いあげ、コンセントを抜いて・・・って手順が逆じゃん!

110811_001.jpg慌てていたので咄嗟に手を突っ込んでしまいましたが、感電する恐れもありますので良い子はマネをしないでね。(^^ゞ ってことで完全に水没した蛍光灯を雑巾で拭いて確認してみると上部の黒いカバーから反射板と蛍光灯(心臓部?)を吊っているプラスティックが経年劣化で硬化して割れてしまったようでした。 今までこの蛍光灯の造り確認したことがなかったのですが、てっきりビスで6点~10点を上部のカバーと固定してあるか溝によるはめ込みかと思っていたのですが、こんな簡単で弱い造りだったとは・・・。ってか天下のニッソーなのに・・・。その上、海水水槽にも対応しているはずなのに・・・。(ーー;) まぁ~ガラス蓋を使っていなかった私にも問題はあるのですが・・・。

110811_002.jpgってかメーカー問わず蛍光灯の熱で常に乾燥状態になる(劣化しやすい)物なのにプラ製って言うのはいささか問題ですよね?この壊れた蛍光灯以外にも黒いカバーにヒビが入っているものもあるし、過去には持ち上げた瞬間にバラバラに砕けたものもありました。この辺は各メーカーが開発の段階でもう少し素材と造りを考えて欲しいものです。 

ってな感じでこのままでは使えないので(完全に砕けたわけではないので)修理してみました。 まずはボンドによる修復を考えましたが、ボンドでは元通りの強度が保てるわけがないので、若干見た目が悪くなってしまうことを覚悟して上部の黒いカバーにドリルで穴をあけて、折れたプラと同じくらいの長さのボルトナットで吊ることにしました。
110811_006.jpg
表(上部)から見るとこんな感じです。
110811_005.jpg
そして裏から見るとこんな感じです。
110811_007.jpg
とっても簡単な作業ですが、元は2点で吊り下げていただけなので、その吊り下げる素材がプラからステンレス製のボルトに変わっただけでもかなり強度はアップしたはずです。また更なる安全対策としてもう1点中央部で固定しておきました。見た目的に黒いマットな感じの薄型ビスを使えば修復痕が目立たなかったと思うのですが、とりあえず手元にそれがなかったので今日のところはこれで我慢!また気が向けば(適当なものが手に入れば)手直ししたいと思っています。 以上「壊れたのにまだ使うの?直さずに買いかえればいいのに」的なケチケチDIYネタでした。 ってかケチじゃないよ!物を大事にしてDIYを楽しむネタなんだ!(^_-)-☆

コメント(10) 
共通テーマ:ペット

329.夏冬改造 [飼育設備]

前回の記事で暴君オークションくんの被害を書きましたが、やっぱり放置するのは難しいと判断したのでセパレーター(夏子と冬子の部屋)を改造することにしました。ホームセンターで色々物色したのですが、第一候補の硬質スポンジや発砲ゴムは手ごろな値段でないため(安くても1500円くらい)するため、屋内配線をスッキリ綺麗に収納するABS樹脂製のモールを使うことにしました。
1280909.jpg
まず、アクリル水槽に夏冬を使おうとした時、一番問題となるのが「ホンマにW45cm用に作ったんかー!」ってくらい寸足らずになる隙間。普通に設置すると膨らんでる中央部分は全く幅が足りませんし、膨らみの少ない水槽の上と下でも全く足りません。横から見ると目測で3cmちょっと。中央付近では5cmくらい足りないように見えました。なので厚み1.5cmくらいの配線隠し用のモールを購入しピッタリ張り付いている両面テープをはずし、夏冬の支柱と同じ大きさにモールをカットしました。その後、支柱とモールに小さな穴を開け、細いステンレスの針金でドッキング。

ss2.jpgそしてもう一つの大きな問題・・・。アクリル水槽の特徴である中央付近の膨らみをいかにキッチリと固定できるか!?・・・ですが、これにはステンレスのバネを仕込み、そのバネと吸盤をドッキングさせてバネの伸縮性を使った「コイルアジャスター式吸盤」で対応することにしました。

思いつき(頭の中の設計図)で作業を始め、作業工程も記録することなく仕上げてしまったので後で即席で作ったテキトーな図で申し訳ありませんが、仕組みはこんな感じです。(^^ゞ ←

これは水槽を横から見た図なのですが、青いクネったラインは水槽、三角印は吸盤、その横のギザギザはステンレスのバネ、その横の赤い枠は配線収納用ABS樹脂モール、そしてグレーの枠、レンガ模様のものは夏冬の支柱とセパ網になってます。

どうでしょう!?何となくでもやろうとしていることが伝わったでしょうか!? 簡単に言えば、吸盤の根元にバネを入れたので、膨らんでる水槽の中央部分はバネの伸びる力で水槽壁面に吸盤がフィットし、水槽上下の膨らみの少ない部分ではバネを縮めることで水槽壁面にフィットする。つまりはバネを使うことで「柔靭なること柳のごとし」っていう作戦です。
1290294.jpg
咄嗟に思いついたわりには結構しっかりと機能していてディスカスの突進力ではビクともしない「夏子と冬子の部屋(改)」が完成しました。値段も当初予定していた発砲ゴムなどを使ったものよりかなり安く(500円程度で)出来ましたしね。・・・って感じでセパレーターが使えるようになったので早速隔離してカラムナリスの本格的な治療を始めました。先週に比べて良くも悪くも変化はないのですが、それでもやっぱり体表がぼんやりとしてスッキリしないし、エラの開閉も若干早いのでエルバ+プラジ+塩の定番薬浴を行いました。・・・ってことで只今薬浴中につき遮光中!(^_-)-☆
コメント(6) 
共通テーマ:ペット

313.急すぎる [飼育設備]

暑かった夏が終わりようやく涼しさを感じるようになってきました。ってかいきなり気温下がりすぎ!どっちかと言うと朝晩寒いっちゅーの!(^_^;) 夏前の長期予報で今年はラニーニャ現象が確認されたから秋をブッ飛ばしていきなり冬になるかも?・・・みたいな発表があったけどホントそんな感じかも知れませんね。そうなると予報どおり今年の冬は5年ぶりに大寒波がやってくるかも知れません。暑すぎるのも嫌だけど寒すぎるのも嫌だなぁ~極端すぎるよね。
1240512.jpg
ってことで、延ばし延ばしにしていた(待ちに待った?)ディスカス水槽の濾材交換を行いました。無加温状態で水温27℃を1つの目安にしていたけど、先週は水曜日の日中が28℃。そして金曜日には日中の水温がいきなり25℃まで落ちてそれから連日27℃をキープしています。夜はヒーターまで点いてるし!! 下がるのはいいけどこれだけ急激に下がると魚にはあまり良くないですよね。

さて、実際の濾材交換の話になりますが、普段はあまり見ない第1槽と第2槽のスノコの下はこんな感じで結構スラッジが溜まっていました。これが俗に言う「phを下げる汚れの温床」となります。ここは普段の水換えではもちろん触りませんからある意味汚れ放題です。なのでphが下がるからといっていくら水槽内の水を換えてもこれが溜まっていると「あぁ!」っと言う間にphが落ちてしまいます。だからといって毎回綺麗にこれを取り除いていたんでは時間がかかって仕方ありませんし、それより何よりこれがあるからこそph緩衝材となって水換え前後のphの変動が少なくなるのも事実。なので良くも悪くも水質を維持するにはコイツとは上手く付き合っていかねばなりません。

しかし、濾材交換の時は遠慮なく排出します。このままスラッジを置いて濾材交換なんて行えませんからね。そのままやっちゃったら水槽内はドロドロになって下手したらエラに問題が出たりすることもあるかも知れませんし・・・。ってかせっかく掃除してるのに見た目がドロドロになるなんて私には耐えれません。(これが本心?)でもでも中途半端に「バクテリアが着いた濾材を一部残して」とか「飼育水で濾材を軽く濯いで」なんてことするより後々の濾材の立ち上がりや魚の調子は綺麗に掃除した方が格段に良かったりしますので、洗うときは綺麗サッパリ!がいいと思います。まぁ~この理由も学術的に説明はつくのですが、面白くなく長い話になるので今回はスルーしておきます。
1240605.jpg
photo:濾材交換後3時間経過したディスカスたち。生物濾過があまり効いていない状態なので(若干亜硝酸値が上昇しているので)活性が悪く水槽の下層をヘッドダウンぎみに泳ぎ普段はあまり出さないバーチカルも出ています。
ってことで、綺麗に掃除した後は再生済みの濾材を投入!今回は予め約7Lの濾材を再生して準備しておきました。今までは10~15Lくらい投入していましたが、現時点では水量350Lに対してディスカスが3匹しか入っていませんのであまり沢山入れても意味がないので今までの半分くらいの量で濾過を行うことにしました。この中途半端な7Lという数字は水量50Lに対して濾材(生物濾過材)1LというAQUAの基本を忠実に守って7Lにしています。なぁ~んてAQUAの基本?なんてホントはありませんが、でもこれは各濾材メーカーが濾材の表面積から定着するバクテリアの数を計算し、尚且つ濾過器に収容できる量が1Lなんでこれが基本と言えば基本になるわけです。

ん?分かりにくい?意味不明?(^^ゞ 簡単に言うと、通常規格の60cm水槽に上部濾過を乗っけてセッティングした場合、濾過器に収容できる全濾材の量は1Lの生物濾過材(リングなど)とその上に敷く物理濾過材のウール1~2枚程度が物理的な収容量となります。 つまりメーカーはこれを計算の上(逆算して)1Lという限られた容量で60cm水槽(約50L)の水量と一般的に最適とされる魚の数、そしてその魚から排泄される有機物の量を計算し、必要なバクテリアの定着数をわり出し濾材の表面積や素材や形状などを決めているということになってます。・・・ってな感じなので、全水量350Lで運転しているディスカス水槽では7Lが一般的な目安ということになります。

こんな感じで濾材交換完了。この後、水槽内に残ったバクテリアが交換した濾材に定着しはじめるまで最低3日間はエサを抜き、4日目から赤虫を1日1回1ブロック与え、1週間から10日間水を換えません。こうすることで2週間後には亜硝酸が検出されないレベルの水質になってくるのでそれを見て普段の飼育スタイルに戻します。まぁ~気温や湿度によって立ち上がる日数は違いますけどね。やはり梅雨と秋雨の時期がスムーズに立ち上がってくれるような気がしますけど・・・。
コメント(6) 
共通テーマ:ペット

311.SSPP-3 [飼育設備]

朝夕若干だけど涼しくなってきましたね。ようやく・・・って感じですが、それでも日中はやっぱり暑い。その上、雨がぜんぜん降らない。植物の水やりだけでもホント重労働です。サーファーでも現業系、技能系職種でもない自他共に認める超インドア系だというのに植物の水やりだけで今年はいい感じで日焼けしてしまっています。腕にはTシャツの跡がクッキリです。(^^ゞ
P1230871.jpg
ってことで、ぼちぼち秋準備を初めていかなければなりません。ディスカス水槽の濾材の再生は終了したし、ヒーター関係の点検もOK。残るは夏季休業中だった水槽たちの準備。秋になったらまたバイランティを予約するとかしないとかっていう奥様の声が聞こえてきてましたので、とりあえずバックアップ水槽の準備もしておかなくてはいけません。急な産卵とか育児とか隔離とか色々な意味でね。
P1230857.jpg P1230873.jpg
before after

それでトラの隣に設置している45cm水槽のスポンジフィルターを稼動させてみたのですが、春には既に泡がほとんど出ない状態だったので当然のことながら泡が出ない。そこで前回のGEXのエアーポンプのようにゴム系統にヒビでも入っているのかと思い、軽く分解点検してみたけど、ゴムには特に異常なし。さすが水心!10年以上使ってもゴムにヒビ1つ入らないとは驚きです!

ならどこに原因があるのか?ってことで、とりあえず水草水槽のエアーストーンにつないで稼動してみると泡はそれなりに出るんですよね~これが!ってことは単なるパワー不足? スポンジフィルターにつなぐとスポンジから水を吸い上げようとする負荷がかかるため全然パワーが足りないってことなんでしょうね!? もう軽く10年以上は使っているので「こりゃ~さすがにポンプを買い換えんとなぁ~」なんて思っていたところ・・・・。

たまたま奥様の園芸用品を買いに関西ではお馴染みのホームセンターコーナンに行ったところ水心SSPP-3専用交換パーツがなんと798円で売られておりました。この交換パーツ、普通は1000円くらいで売られているものですが、それでも交換パーツを置いてる店も少なく(大型ショップにはあるけど)わざわざ足を伸ばしてまで(ムリしてまで)買うアイテムでもないので交換パーツは諦めていたところこんなに安く売られていたなんて・・・。さすがコーナン。

ってことで早速購入&交換してみました。 上のbefore⇔afterの写真では分かり辛いと思いますが、負荷のあまりかからない水草水槽では若干だけど泡が強くなったように感じました。で、実際に45cmのスポンジフィルターにつないでみると・・・。復活!!していました。これでまた10年以上使えるのかな!? 嫁には「1000円、2000円ケチって火事にでもなったらアッホーよ!」なんて人の努力と物を大事にする心を踏みにじるお言葉を頂ましたけど心の中で「こんなユニットで火事になんてなるかー」っと文句をいいつつ口では「そうだね。」っとだけ言っておきました。
追伸
この水心のSSPP-3のエアーを送る(作る?)部分のゴムですが、以前シリコンで修理したGEXのエアーポンプと径が近いのでカッターナイフで少しカッティンG-したら使えそうです! 試しにやってみたところかなりいい感じでGEXのエアーポンプもパワーアップして・・・。これで小型の空き水槽3本がセットアップ(パワーアップ)できました。いつでも来い!バイランティ! いつでも来い!ガードネリー稚魚!って感じで空き準備(秋準備?)完了です。(^_-)-☆
コメント(6) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | - 飼育設備 ブログトップ